【気になってる以上、好き未満】140字小説(4本入)

“気になってる以上、好き未満”な瞬間を超短く小説にした。【140字の超短編小説4本入り】

欲望を買う男【前編】

変わらない毎日に疲れた白井は、バーで“夢を売る男”に出会う。欲望を満たすことを金で買い続けた白井の毎日は、180度の変化を遂げる。【前編】

志願者

【目安時間 5分】 ――祥子はどこへ消えたんだ。 消えた恋人を探しつづける男に、突如怪しい建物が現れる。 その先で男が見つけたものは、「幸」なのか「不幸」なのか、どちらなのか。